大正十年 創業

ワタトーは創業者である渡邊藤作
(わたなべ とうさく)の名から付けられています。
 
日本橋で豆菓子屋として創業して
すぐに熊谷の菓子職人から五家宝造りを教わり、
今に至るまで百年近く、
伝統銘菓を造り続けています。
 
五家宝の文化を継承と
きな粉のお菓子で
笑顔とやさしさをお届け致します。

古きを継承、そして順応

家業に入るきっかけ

私が二十七歳で家業に入るきっかけとなったのが、
当時八十六歳まで現役で職人をしていた祖父が
脳梗塞で倒れたのがきっかけです。
 
廃業も考えていたそうですが、
半身麻痺、言語障害になった祖父が、
病床で私に五家宝の作り方を、
動く方の手で教えてくれました。
 
その時 継いで欲しいという思いを感じました。
その後二か月後に入社しました。
しかし、同時期に祖父は他界しました。
 
そして教えてくれた伝統菓子 五家宝の文化を
本気で伝えていこうと決心しました。

お菓子を通し、心にゆとりを

ビジョン

黄粉の良さを知ってもらう。
伝統菓子 五家宝の文化継承・創造し、
ご家庭に一つでも多く
笑顔を増やし、
黄粉をKINAKOへ、
世界共通言語にする。

PAGE TOP